読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニセモノ考(続き) // Original No Fake ? (continued)

カスタマイズ

実は、ここからが本題です。

To tell the truth, the real story begins here.

シルクスクリーンのFAKEの文字は、ネット上で見つけた画像をそのまま使いました。版権を確認するために、ネットからたどったアメリカのウェッブに問い合わせると、「その画像は我々のコントロール下にありません」との答え。結局、画像の著作権者はわかりませんでした。

The word 'fake' on the silkscreen came from an image I found on the internet. In order to check if there were any copyright issues, I contacted an American site that I had traced the image down to, but was told that the image in question was not under their control. In the end, I was unable to find out the origin of the image.

平面や動画の作品を作る時にネット上の画像を探す際にも、できるだけ版権の確認をしようとするのですが、著作権者がわからなかったことが多々ありました。つまり、あのTシャツは、二重の意味で「いかがわしい」わけです。

Whenever I design pieces or make videos, I try my best to find out who owns the images, but this is often an impossible task. Thus, the t-shirt is 'fake' in more ways than one.

f:id:CustomizeAGoGo:20160617075643j:plain

追伸: その、ややこしいFAKEの文字で焼きごてを作りました。いつかニセモノのブランドバックを手に入れたら、ジュッと押し付けてみようと思います。世の中から一つニセモノが減るということで、著作権者には目をつぶってもらえると嬉しいのですが。

Addendum: I recently created a branding iron with that 'fake' word. One day, I hope to test it out on a fake designer bag. I would be grateful if you could close one eye to the copyright issue - after all, that's one less 'fake' in the world.