May the Peace Be With You // STOP WARS

これは、ユニクロのセールで買ったチューバッカのトレーナーを刺繍でカスタマイズしたものです。

I customized this Uniqlo Chewbacca sweatshirt that I bought on sale using embroidery.

フロントにはMay the Peace Be With Youの文字。

The front of the shirt has the words 'May the Peace Be With You'.

f:id:CustomizeAGoGo:20160709001731j:plain

バックにはSTOP WARSの文字。

The back has the words 'STOP WARS'.

f:id:CustomizeAGoGo:20160709001758j:plain

ピース。

Peace.

f:id:CustomizeAGoGo:20160709103934p:plain

 

 

 

 

全員悪人 // GULF WARS EPISODE II

このTシャツは、ヤ◯ーオークションで600円で購入しました。もちろん、あのスターウォーズのパロディなのですが、登場人物が全員悪人顔です。

I bought this T-shirt on Yahoo Auctions for 600 yen. Clearly, it's a parody of Star Wars, but all the characters featured are villains.

f:id:CustomizeAGoGo:20160703230659j:plain

サダム・フセインクルド人化学兵器で大量虐殺し、石油の生産調整でもめたクウェートに1990年に侵攻した張本人だし、パパ・ブッシュはアメリカの石油利権を守るために1991年に湾岸戦争(エビソードI)を始めた張本人、ブッシュ・ジュニアはありもしない大量破壊兵器を持ち出したネオコンのチェイニーやラムズフェルドにそそのかされて2003年にイラク戦争(エビソードII)を始め、フセインにとどめを刺した(2006年死刑執行)張本人です。

Saddam Hussein was behind the chemical weapon massacre of many Kurds and invaded Kuwait after conflicts over oil, while 'Papa Bush' instigated the Gulf War in 1991 to protect America's oil interests (Episode I). His son, Bush Junior, was persuaded by neocons Cheney and Rumsfeld to invade Iraq in 2003 based on what turned out to be false allegations that Iraq was in possession of Weapons of Mass Destruction (Episode II). He also ordered Hussein's execution in 2006.

2001年9月11日の同時多発テロに対するアメリカの過剰反応が「パンドラの箱」の重しだったサダム・フセインを排除する結果となり、テロという名の災いが世界中に降りかかるようになってしまった(エピソードIII)ように思えてなりません。フセイン湾岸戦争を「すべての戦争の母」と呼びましたが、実は「すべての憎しみの母」だったのかもしれません(ちなみに、スターウォーズ・エピソードIIIは「シスの復讐」です)。

The somewhat hysterical American reaction to the September 11 attacks ultimately lead to the death of Saddam Hussein, a necessary evil. I cannot help but think that his death opened a Pandora's box that has in turn unleashed a series of terror attacks across the world(Episode III). Although Hussein called the Gulf War the 'mother of all battles', perhaps it was the 'mother of all hatred' instead (FYI, Star Wars Episode III is titled 'Revenge of the Sith').

www.youtube.com

パリじゃん? // MAISON TANUKI

A.P.C.のウールパーカを刺繍でカスタマイズしてみました。

I recently customized this wool hoodie from A.P.C. using embroidery.

あの有名な「Parisien」を地元横浜風にアレンジ。刺繍に合わせて袖のリブの色もブルーに変えました。

The famous 'Parisien' has been embroidered Yokohama-style.  I also changed the color of the cuffs in order to match the navy embroidery .

f:id:CustomizeAGoGo:20160628224131j:plain

フードの下にはキツネではなくタヌキが隠れています。

In addition, a raccoon dog (tanuki) hides under the hood instead of fox (kitsune).

f:id:CustomizeAGoGo:20160628225230j:plain

キツネは世界中に生息するメジャーな動物ですが、実はタヌキは極東原産の珍しい動物で、最近、外来種としてヨーロッパでも見かけるようになったそうです。このタヌキも、そのうちパリに出没するかも? 

Surprisingly, while foxes are seen all over the world, raccoon dogs are actually of Far East origin and fairly rare. Recently, however, they've also been seen in Europe. Perhaps this tanuki will be spotted in Paris someday. 

ニセモノ考(続き) // Original No Fake ? (continued)

実は、ここからが本題です。

To tell the truth, the real story begins here.

シルクスクリーンのFAKEの文字は、ネット上で見つけた画像をそのまま使いました。版権を確認するために、ネットからたどったアメリカのウェッブに問い合わせると、「その画像は我々のコントロール下にありません」との答え。結局、画像の著作権者はわかりませんでした。

The word 'fake' on the silkscreen came from an image I found on the internet. In order to check if there were any copyright issues, I contacted an American site that I had traced the image down to, but was told that the image in question was not under their control. In the end, I was unable to find out the origin of the image.

平面や動画の作品を作る時にネット上の画像を探す際にも、できるだけ版権の確認をしようとするのですが、著作権者がわからなかったことが多々ありました。つまり、あのTシャツは、二重の意味で「いかがわしい」わけです。

Whenever I design pieces or make videos, I try my best to find out who owns the images, but this is often an impossible task. Thus, the t-shirt is 'fake' in more ways than one.

f:id:CustomizeAGoGo:20160617075643j:plain

追伸: その、ややこしいFAKEの文字で焼きごてを作りました。いつかニセモノのブランドバックを手に入れたら、ジュッと押し付けてみようと思います。世の中から一つニセモノが減るということで、著作権者には目をつぶってもらえると嬉しいのですが。

Addendum: I recently created a branding iron with that 'fake' word. One day, I hope to test it out on a fake designer bag. I would be grateful if you could close one eye to the copyright issue - after all, that's one less 'fake' in the world.

 

 

ニセモノ考 // Original No Fake ?

先日、ヤ◯ーオークションでギャルソンのTシャツを落札したら、まったくのニセモノが送られてきました。出品者にクレームをつけると、「ニセモノだとは知りませんでした。返金しますので商品はそちらで処分してください」とのこと。そのまま捨てるのも何だかな〜と思い、「FAKE」の文字をシルクスクリーン製版してプリントしてみました。

The other day, I bought a Comme des Garçons t-shirt on YahXX Auctions. When the t-shirt arrived, I was shocked to discover that it was a blatant fake. I immediately made a complaint to the seller, who responded that he had had no idea that the item was fake. I was then given a refund and asked to get rid of the shirt on my own, which I thought was a bit of a waste. Instead, I decided to silk screen the word 'fake' across the t-shirt.

これって、「オリジナルのニセモノ」なのでしょうか ?

それともやっぱり、ただの「ニセモノ」?

The question is: does that make the t-shirt an original art piece, or does it remain a mere fake?

f:id:CustomizeAGoGo:20160613075142j:plain

To be continued...

黄金の80年代 // GOLDEN 80's

80年代でもう一人忘れてはならないのが、「鉄の女」と呼ばれたイギリスのマーガレットサッチャー元首相です。サッチャー元首相は、「英国病」と呼ばれるほど落ち込んでいたイギリス経済を、痛みを伴う改革を進めて立て直していきます。また、俳優組合出身で経済にうとかったレーガン元大統領の良き相談役でもありました。

Another unforgettable figure from the 80's is the Iron Lady herself, former British Prime Minister Margaret Thatcher. Thatcher rebuilt the struggling British economy and cured what was known as the 'British Disease' through painful reforms.

その当時、ロンドンとフランクフルトはヨーロッパの金融センターの座を争っていましたが、アメリカのサポートによりシティに資本が集まるようになり、優勢だったドイツを逆転してイギリスがその座を獲得しました。この作品「GOLDEN AGE」は、その頃のことを思い出して制作したものです(縦1,120ミリx横1,620ミリ)。

During this time, London and Frankfurt were both struggling to become the financial center of Europe. Due to America's support, capital began flowing to the City, and London soon beat out Germany to become the biggest financial hub in Europe. This piece, titled 'Golden Age' (1120 mm by 1620 mm), is inspired by my memories of this period.

f:id:CustomizeAGoGo:20160603143556j:plain

また動画(デジタル紙芝居)もアップしています。午後の紅茶でも飲みながら、イギリスでも活躍したハイドンの調べをゆる〜く、お楽しみください。

I uploaded another video (digital kamishibai) to accompany this piece. Please sit back, relax, and enjoy Haydn's music, perhaps with a cup of afternoon tea.

www.youtube.com

天安門奇譚 // Beijing , 4 JUNE 1989

また、あの6月4日が巡ってきます。

June 4th is around the corner again.

日本がバブル景気に浮かれていた1989年には、6月に天安門事件、11月にベルリンの壁崩壊と世界を揺るがす出来事が立て続けに起こりました。特に、流血の北京と笑顔のベルリンのコントラストの大きさが脳裏に焼きついています。

In 1989, Japan was basking in an economic bubble. Meanwhile, the rest of the world was going through turbulent times. In June, the Tiananmen Square Massacre occurred, and in November, the Berlin Wall was finally demolished. The stark contrast between the bloody events in Beijing and the smiling faces of those in Berlin is still etched in my mind.

f:id:CustomizeAGoGo:20160601164319j:plain

この作品「天安門奇譚」のベースは、ウィキペディアから引っ張ってきた天安門広場の画像です。それを思いっきり引き伸ばして(縦1,185ミリx横2,370ミリ)、中央の小さな肖像部分(縦135ミリx横105ミリ)のみに手を加えました。毛沢東氏の代わりにはめ込んだのは、反骨の中国人アーティスト、アイウェイウェイ氏。なぜか毛元主席風のヅラをかぶって変装しています。ヅラのラテックスのヌメッとした質感を出すのに苦労しました。

The base for this piece is a photo of Tiananmen Square from Wikipedia, which I enlarged and printed onto a large canvas (1,185 mm by 2,370 mm). The only part I changed was the portrait (135 mm by 105 mm). Chairman Mao Zedong has been replaced with an image of the bold and rebellious artist Ai Weiwei, wearing a Mao-like wig. During the process, I struggled to bring out the slick texture of the latex wig.

f:id:CustomizeAGoGo:20160601164359j:plain